アダプティブ DLP (適応型の情報漏えい防止)

トップクラスの検出とリダクション (情報の秘匿化) 機能を発揮
誤検出を最小限に抑え、ワークフローの進行をスムーズに

DLP (Data Loss Prevention - 情報漏えい防止) の再定義

悪質な攻撃やドキュメント漏えいなどの、予期せぬ脅威やアクシデントに対する確実な予防策。これらに加え、昨今導入されたプライバシー規則では、大切な情報を開示、説明した上で、かつその内容を厳重に保護することが義務づけられ、組織に求められるセキュリティのレベルはより高く複雑になっています。ファイルやアプリケーションの使用中、保管時、送受信時、どんな状況にも対応できるオールマイティなソリューションを見つけるのは容易ではありません。こうした時代の変化にともない、従来の「高価で複雑、誤検出の多い」DLP は、その利用価値を失いつつあります。アダプティブ DLP が、その概念をくつがえします。

アダプティブ DLP のキー プレイヤー

Adaptive Security

アダプティブ セキュリティ

リダクト (情報の秘匿化)、ブロック、暗号化、削除、転送。コンテンツの内容と状況に応じて、フレキシブルに処理します。
Automation of redaction and sanitization

リダクションとサニタイゼーションの自動化

機密情報や隠されたデータを検出し、リダクト (情報の秘匿化)、または、サニタイズ (情報の除去) で調整します。
Reduction of false positives

誤検出の削減

従来の DLP にありがちな、誤検出への対応の手間とコストをカットします。

アダプティブ DLP

 

コンテンツの内容に応じて、ワークフローをさえぎることなく機密情報の漏えいを防止する、革新的なアプローチです。従来の DLP では、疑わしいデータの転送がストップされたり、ブロックされたりすることもありました。アダプティブ DLP では、コンテンツの内容や状況、そして、したがうべきポリシーや規則に基づいて、最も適切なセキュリティ アクションを自動的に適用します。リダクト (情報の秘匿化)、ブロック、暗号化、削除などをリアルタイムで実行します。

誤検出のないスムーズなワークフロー

DLP for Email, Web, and Endpoint

アダプティブ DLP は、ネットワークに入ってくる、または、ネットワークから出ていく機密情報や悪質なコンテンツだけを取り除くことのできる機能です。これにより、従来の DLP では避けることのできなかった遅延、検疫、人の手による対応の手間といった問題が解決されています。IT 関連組織の長年の悩みともいえる、誤検出にまつわるわずらわしさがありません。

データ表示と可視性

組織全体の情報を監視します。電子メール、Web、ソーシャル メディア、MFT (Managed File Transfer - 転送ファイルの管理)、クラウド アプリケーションなどを介して機密データが組織外に持ち出されないようにパトロールします。リムーバブル メディアや、見落とされがちな Web アプリケーションによる情報漏えい、さらにフィッシング詐欺によるログイン資格情報の盗用などもカバーします。

トップクラスのディープ コンテンツ分析

再帰的分解とトゥルー ファイル分析により、デジタル コンテンツを最も深いレベルの構成要素にまで分解し、コンテンツの奥に潜むデータやコードを検出します。クリアスウィフトのディープ コンテンツ分析は、zip ファイル、暗号化、ファイル サイズ、分析のタイミングの遅延、複数の埋め込みドキュメント レイヤーなどにも対応できる、他に類を見ない優れた機能です。

ドキュメント漏えいや不正な情報収集をブロック

リダクション (情報の秘匿化) とサニタイゼーション (情報の除去) を組織のネットワーク全体に組み込むことで、ドキュメントやメタデータの漏えいを防ぎます。法令順守やコンプライアンス手続きの際に、よく使用されています。

データシートを見る

クラウド向けのアダプティブ DLP

クラウド ストレージ アプリケーションや Office 365 を保護します。リダクト (情報の秘匿化)、ブロック、暗号化といった処理を、組織のポリシーに違反する情報だけに適用します。不要な検疫や誤検出がなく、ワークフローをさえぎることがありません。クリアスウィフトのソリューションは、現在組織で使用しているガバナンス ポリシーとの統合が可能です。クリアスウィフトでは、オンプレミスのセキュリティ システムにとって代わる、分かりやすく安全、かつコストを抑えたホスト型ソリューションを提供しています。既存のシステムのコントロールはそのままに、オンプレミスのフットプリントを削減し、組織の電子メールを守ります。

ひとつひとつの企業にとっての適正価格

従来の DLP の、高額な製品価格と追加のサービス料金を大幅に下回るプライシングを提供します。誤検出やレポートの対応コスト、新バージョンのリリース時にかかるコスト、セキュリティ パッケージ購入のコスト (マルウェア対策、ドキュメント リダクション、コンプライアンスといった複数ツールの購入) の削減を実現しました。さらに、アダプティブ DLP は、実装しやすくフレキシブル。いくつかの段階に分けて実装することも、既存のセキュリティ ゲートウェイにアドオンすることも可能です。